ご先祖様

昨日は、パパとママと三人で、長野の上田市諏訪形というところに出かけてきました。

覚えてるかな?

ある方に教えてもらって、君とパパのずーっと昔のご先祖様のお墓に行ってきたんですよ。

すごく分かりづらい場所だったけど、ママに調べてもらったり、近所の猫くんに教えてもらいながらなんとかたどり着けました。

たぶん、パパが知ってる親戚の人達は誰も行ったことがないんじゃないかな?

顔も名前も分からないけど、ずっとずっと昔のご先祖様達がいてくれたから、今僕達がいられるんだね。

君も大きくなったら行ってみると良いよ。

パパはあそこへ行けてすごく良かった。

最初は一人で行こうかと思ったけど、君とママと一緒に行けて良かった。

ケガ

今日もいっぱい飛び跳ねてたね(笑)

ストーブの前でも飛び跳ねて、危ないよ!って言っても全然やめなかったね。

本当はちょっとのケガなら、その方がよっぽど君のためになるんじゃないかって思う。

分かってはいるけど、でも、やることなすことについ口を出してしまうのは、僕が君の親だからなんだろうな。

オプション

学校で良い成績を取りなさい。

良い学校に行きなさい。

大会で優勝しなきゃダメだ。

そんなこと言うような親になりたくないけど。

大人は自分の子どもに期待するんだね。

昔は自分たちだって嫌なはずだったのに。

僕もそういうことを言いたくなるときがくるのかな?

良い学校とか良い成績っていうのはオプションだと思う。

本当は
健康で元気に丈夫に育ってくれれば良い。

それだけで充分なのに、あれもこれもって色々なことを求めたくなるんだろうね。

君の寝顔を見ていると

何の汚れもない君の寝顔を見ていると、がんばらなきゃなぁと思ったり、今日も帰りが遅くなって寝顔しか見れないなぁと思ったり、何も悩みがなさそうで羨ましいなぁと思ったり、色々と思うことは多いのですが、


今日も一日、無事に生きててくれて、ありがとう。


君の寝顔を見ながら、僕はいつもそう思うのです。

ママにそっくり

マイペースなところがママにそっくり!

顔もママにそっくり!

でも僕はそれで良かったと思ってる。

いろいろ意味で僕に似て欲しくないと思ってたから。特に内面。

君は人から愛される人になって欲しい。
たぶん、そういう人になると思う。ママもそういう人だったから。

ママのそういうところに僕は惹かれたんだ。

ママの良いところと僕の良いところ、いっぱい似て欲しいな。

かけっこ

拓道くん!

ちょっと前の話ですが、保育園の運動会で、かけっこで一番になったんですよ!

まともに走ってたのは拓道だけでしたが(笑)
パパもママもジジもババも大喜びしました。

ウチの中を、よーいドン!して練習してましたから。練習の成果ですね。

実は、僕はかけっこで一番になったことがないのです。

だから、拓道は1才なのに僕の記録を破って大したもんだと思いました。

本当にスゴイことだと感動したのです。

絵本

いつも、君は僕の膝に座って絵本を読むようにせがみます。

僕は正直、休みたいのですが、休むことよりもご飯を食べるよりも、君に絵本を読んであげたい。

だって、この瞬間は二度と来ないから。