君の名前をつけた理由

君の名前は、僕が考えました。

それも君が産まれる10年以上も前に考えたんです。
すごいでしょう?

名前は『拓道』

お坊さんみたいな名前だね(笑)

何でこんな名前をつけたかって?

道を拓く。

人生は、自分自身の力で切り拓くものだと信じているからです。

そして、自分だけの力ではどうにもならないときには仲間の力を借りながら、また困っている人がいたら力を貸して共に前に進むのが人生だと、君の親父は思っているからです。

人生、色んなことがあります。

こんなことが自分の人生にあるのか!って思うこともたくさんあるでしょう。

でも、そのときに臆してはいけません。

自分を、仲間を、家族を信じてください。

あなたは独りじゃありません。

たとえ、君が悩み苦しんでいるとき、僕がこの世にいなくても、僕は君を見守っています。

僕だけじゃなく、君のおじいちゃんもおばあちゃんもひいじいちゃんもひいばあさんも皆が君を守っていますから。