読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の宝物

僕は毎日、会社に通ってお給料をもらっています。

ママもお仕事をしています。

君を保育園に預けて一年近くが経ちました。

とても君は立派になりましたね。
僕が幼稚園に行っていた頃より、君はずっとお利口さんです。

僕はすごく嬉しいです。

でも、君とママが一緒に過ごす時間を奪ってしまったのは僕のせいです。

本当なら、ママが働かなくても良いように僕が頑張らなくちゃいけないのですから。

ちょっぴり、保育園の先生が羨ましいです。
だって、僕やママよりも君と過ごしてる時間が長いでしょう?

君と過ごせる時間が僕とママの何よりの宝物です。